抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬

抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬、どちらもアレルギーの薬ですが、どのような違いがありそれぞれどのような症状に効果があるのでしょうか?違いを知って、薬を探す際の参考にしてみてください。

アレルギーに苦しむ人たちのイラスト

抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬の違い

抗アレルギー薬の服用を検討するという際によく比較されるのが抗ヒスタミン薬です。
時折「名前が違うだけだ」というような認識がされることもあるのですが、厳密に言えば抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬は別のものなのです。
まず抗アレルギー薬についてですが、これはアレルギー症状が引き起こされること自体を食い止める作用が主となります。
ヒスタミンやロイコトリエンなどのアレルギー症状を引き起こす物質が細胞から放出されるのを防ぐのが主な役割です。
ではこれに対して抗ヒスタミン薬の場合はどうかと言うと、これはヒスタミンが放出されたあと、ヒスタミン受容体に結合するのを阻害するのが役割となっています。
ヒスタミンが放出されただけでいきなり目のかゆみや鼻水といったような症状が出るということは無く、あくまでもアレルギー症状はヒスタミンがヒスタミン受容体に結合したから出るものです。
ちなみに抗ヒスタミン薬には副作用として眠気がありますが、これはヒスタミンが受容体と結合するのを阻害するから発生するものです。
よって純粋な抗アレルギー薬であれば、眠気の副作用は生じないとして考えることができます。
ここまでをまとめると、抗アレルギー薬は症状を予防するもの、抗ヒスタミン薬は症状の発生を抑えるということで違いがあるとして考えることができるのです。
とはいえ、これはあくまでも原理としての違いだということは覚えておいた方が良いでしょう。
実際のところ抗アレルギー薬でも抗ヒスタミン作用を持たせて効果を強くしているということがほとんどですし、抗ヒスタミン薬でも抗アレルギー作用を持たせていることはあります。
現場でも明確な区別はされていないことが多く、副作用などを気にするのであればそれぞれの医薬品の分類よりは、直接薬剤師に確認を取った方が良いでしょう。

抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬の種類

抗ヒスタミン剤は、第1世代~第3世代の3種に分類されています。
第1世代には、エタノールアミン系、プロピルアミン系、ピペラジン系、ピペリジン系の四種類に大別される。
エタノールアミン系は、血液と脳の組織液間の物質の出入りを制限する機構である血液脳関門を通過するのでバルビツール酸系の薬剤よりも強い鎮静作用を有する為に、服用には強い催眠作用が伴う副作用があり、レスタミンやタベジールなどがあります。
プロピルアミン系は、服用に際して中枢抑制作用や抗コリン作用などの副作用を伴うが、妊婦に対しては第一選択薬となっており、セレスタミンやポララミンなどがあります。
ピペラジン系は、鎮静薬や睡眠導入薬としても処方されおり、アタラックスやアラモンなどがあります。
ピペリジン系は、5-HT受容体とセロトニンとの結合を阻害する塩酸シプロヘプタジンを含み、食欲亢進や体重増加作用があり、ペリアクチンやサイプロミンなどがあります。
抗アレルギー薬とも呼ばれる第2世代は、抗ヒスタミン作用のある塩基性抗アレルギー薬と抗ヒスタミン作用の無い酸性抗アレルギー薬があります。
塩基性抗アレルギー薬は、ヒスタミンのレセプターとの結合を阻害する事でアレルギー症状を緩和し、花粉症などによるアレルギー性鼻炎や気管支喘息、蕁麻疹などの対症療法薬として用いられ、ザジデンやアゼプチン、セルテクトなどの種類があります。
酸性抗アレルギー薬は、気管支喘息やアレルギー性鼻炎、食物アレルギーに基づくアトピー性皮膚炎などの治療に用いられ、点眼剤や点鼻剤にも使用され、インタールやリザベンなどがあります。
抗ヒスタミン作用が無い為に、痒みを抑制する作用効果が低いが、眠気が少ない利点があります。
第3世代は、第2世代2期とも呼ばれ、眠気などの抗ヒスタミン薬の副作用が少ない抗ヒスタミン薬であり、アレジオンやアレグラ、アレロック、ザイザルなどがあります。

抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬、それぞれの副作用

アレルギー症状は、食物や接触により吸収されたアレルゲンが皮膚や肺、消化器粘膜に多く存在する脂肪細胞と呼ばれる特定細胞に作用し、アレルゲンの刺激を受けた脂肪細胞からヒスタミンやロイコトリエンなどを発生し、ヒスタミンやロイコトリエンなどがレセプターと結合し末端神経や末梢血管などを刺激して発症します。
抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンとレセプターとの結合を阻害する薬剤であり、アレルギー疾患だけでなく総合感冒薬や睡眠改善薬などに処方されています。
抗ヒスタミン薬の副作用としては、脳賦活作用を有するヒスタミンとレセプターとの結合を阻害する為に引き起こされる眠気やインペアードパフォーマンスと呼ばれる中枢神経機能の抑制による認知機能の障害、口渇や胸やけ、便秘、排尿困難等の抗コリン作用などの症状が見られます。
シプロヘプタジンを主成分とするペリアクチンは、抗セロトニン作用や視床下部の摂食中枢の刺激する食欲増進作用などの副作用があります。
抗アレルギー薬は、第2世代抗ヒスタミン薬とも呼ばれ、ヒスタミンやロイコトリエンなどの産生を阻害する塩基性の薬剤とヒスタミンによる末端神経や末梢血管への刺激伝達を阻害する酸性の薬剤があり、ケミカルメディエーター遊離阻害作用を有する薬剤もあります。
抗アレルギー薬は、第1世代抗ヒスタミン薬に比べて眠気が少ないなど副作用が少ないのですが、抗ヒスタミン作用により抑制系のヒスタミンの作用が阻害されるフマル酸ケトチフェンなどはてんかんや痙攣を悪化させるケースがあります。
抗アレルギー薬の中には、自動車などの運転を制限しない薬剤もありますが、体質により薬効が大きく異なるので気を付ける必要があります。
■使用する前に確認
ザイザル使用における副作用